HamUsa’s diary

こんにちはアズキングです!アズキ(ウサギ)の飼い主です。日常で気付いた事などをブログにしている雑記系ブログです。興味のある記事があれば⭐️付けて読者登録よろしくお願いします。インスタグラムもしてます‼️https://www.instagram.com/azuking0430/

MENU

スポンサーリンク 

生まれる前からの約束

こんにちはアズキングです!

ちょっと重たい内容ですが、お付き合い下さい。

最近の話です。

実家で親が激しい夫婦喧嘩をしているから来てくれと兄弟から連絡がありました。

実家から私の家は徒歩5分くらいなので歩いて行ってみると家に入る前から大きな声で母親が泣きながら罵声を浴びせているのが聞こえました。

 

夫婦喧嘩の原因は?

実家に入ると妹が喧嘩を収めようとしていました。

ちなみに私は両親がここまで凄い夫婦喧嘩をしている姿を見るのは初めてでした。

2人になぜ喧嘩しているのか聞いて見ました。

原因は私だそうです。

心当たりがないので詳しく聞いてみると私も知らなかった事で聞いて知った私もショックを受けてしまいました。

簡単に原因を書くと跡継ぎのお話です。

 

跡継ぎとはどういう事?

私の母親には男の兄弟はおらず姉妹だけでした。

母の妹には子供が1人だけ私の母には男2人に女1人でした。

そのため母親方の姓を私と弟のどちらかが継がなければ母親方の姓は途切れてしまいます。

 

そのため私の両親が結婚する際、祖父に男の子が2人できたら必ず姓を継がして欲しいと言われていたそうです。

そして、8年前に祖父が他界してしまいました。

小さい頃から祖父に気に入られていた私、よく祖父におじいちゃんの苗字を継がないか?って良く聞かれてました。

私は名前が変わるだけなら構わないよとずっと言ってました。

祖父に毎回帰省するたびに言われている事は両親も知っていました。

そのため、祖父が亡くなった時に私が苗字を継ごうか?と聞きましたが父親に拒否されました。

父親の主張は長男なんだから名前を継ぐのはおかしいと言われました。

確かにそうだなと思い、私が弟に聞いてみると面倒臭いから嫌だと…

祖父のお葬式の後、きっとそんな話になるのではないかと思った祖母から苗字を継ぐのは気にしなくても大丈夫だからねと言われました。

それから苗字を継いでくれとかそんな話は一切無くなりました。

 

何故また跡継ぎの話で揉めているのか?

6年前に父親方の祖父が亡くなりました。

その時に初めて祖父が婿養子である事を知りました。

祖父はお寺の5人兄弟の3男坊だったそうです。

私が毎年会っていたのは祖父の親戚ではなく祖母の親戚だったんです!

祖父が亡くなるまで記憶にある限り一度も祖父側の親戚に会った事はありませんでした。

 

父親が最近、祖父の兄弟が亡くなったという事でお葬式に行きました。

そこで、お寺の跡継ぎに困っていると他の祖父の兄弟から相談があったそうです。

兄弟全員独身で子供がいないので三男の私の祖父の孫である私達に白羽の矢が立ちました。

私の父親も断ろうとしましたが、即断れるような雰囲気では無かったようです。

父は母にこんな事をお葬式で言われたといいました。

そこで父親が次男は無理だから長男(私)に一度聞いてみても良いかと母に尋ねたそうです。

母からしたら自分の親の姓を継ぐ時に反対しときながらそれを聞いてくるなんてありえないと怒ってしまいました。

当たり前ですよね!そりゃあ怒りますよ💢

それが蒸し返された跡継ぎ問題です!

 

隠されてきた約束を知って…

途中で出てきた両親の結婚の際の約束です。

そんな話、祖父が亡くなった時にも聞いたことがなかったので知った時にはショックでした。

お葬式の時、苗字を継ごうかと言ったのに祖父が可哀想だと私もショックを受けてしまいました。

そして、母の気持ちを考えると祖父が亡くなって約束の話になったはずですがそれを守らなかった父

そして、母も祖母に気にしなくて大丈夫と言われて我慢してきたのに…

 

そりゃあ怒りますよ!

私も父にふざけるなと言っちゃいました💢

 

結果どうなったか?

もちろんお断りしました。

父と母はみんなで話し合って和解をした形になり元どおりの仲のいい夫婦になりました。

4月に父方の祖父の7回忌があります。

その時にきっと相手の方から私にお坊さんやらへんかと聞いてくるはずです。

その時に両親が近くにいる時に言われないかドキドキです。

また、それによって夫婦喧嘩の種が再度くすぶらないか不安です。

 

まとめ

今回は生まれる前から約束していた事があったのを初めて知りました。

もう、跡継ぎとかそう言うのはこりごりです。

自分の子供にはそんな重荷を背負わさないように気を付けたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!